だからカサンドラ症候群が生まれたんだと思うよ。

アスペルガーの夫を持つ妻が掛かる病気、
カサンドラ症候群。

 

名前がつくほどですから
数が多いということですよね。

 

妻が精神科を受診して初めて
夫のアスペルガーが発覚するという
そんなパターンも多いそうですよ。

 

私が夫を見ていて思うことは
本人はアスペルガーなことを
気に病んだりはしていない。

 

だから彼はそのままでいいと思う。
私が気をつければいいだけで。

 

『夫がアスペルガーだと妻が病気になる』
きっと、アスペルガーの子供を持つ親が聞くと
ガーン!!となる場合もあるのでしょうね。

 

自分の子供を否定された気がして。
欠陥品みたいに思われたと感じるのかもね。
私は子供がいないからわからないけど。

 

でも、事実として認識しておいた方がいい。
100%そうなると決まっていることではないけれど
そういう現象が起きやすい、ということを。

 

そこを忘れてしまうと
うちの子は悪くないのよ!あなたが悪いのよ!って
モンスターペアレントになると思うよ。

 

だからこそ、カサンドラ症候群が
生まれたのだと私は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です